内臓脂肪と皮下脂肪の役割と燃焼方法

MENU

内臓脂肪と皮下脂肪の役割と燃焼方法

 

防風通聖散は内臓脂肪を減らしてくれます。

 

防風通聖散についてはこちら

 

皮下脂肪の役割

脂肪は、皮下脂肪と内臓脂肪に分けられます。皮下脂肪は皮膚の下に蓄えられた脂肪の事で、エネルギー貯蔵や保温などの働きをしています。皮下脂肪は皮膚のすぐ下にあります。皮下脂肪は体温を逃がしにくくする効果もあります。ダイエットしている人は、皮下脂肪という言葉を意識したことがある人も多いのではないでしょうか。女性は妊娠時など子宮を冷やさないため、そして外的衝撃から守るため、男性に比べて皮下脂肪が多いと言われています。皮下脂肪って聞くだけで悪だと考え勝ちですが、皮下脂肪は妊娠時には大切な存在なんですね。皮下脂肪は内臓脂肪に比べ、貯まりづらく、燃焼しにくくいのが特徴です。皮下脂肪が燃焼しにくいのは、緊急時のエネルギー源としての働きがあるためです。女性は特に、授乳期など母乳のエネルギー源にするために、男性よりも皮下脂肪を蓄えておく必要があります。

 

 

 

 

 

 

内臓脂肪と皮下脂肪

内臓脂肪は、胃や腸の周りに付着している脂肪のことを言います。内臓脂肪は、加齢などにより代謝が衰えてくると増加しやすいです。内臓脂肪は糖質の過剰摂取や運動不足によっても増加してきます。年をとると代謝が低下し始めます。代謝が低下すると、エネルギー消費量が減り、摂取したエネルギーは、消費しきれないので脂肪になります。内臓脂肪が増えてしまうと、高脂血症や動脈硬化に繋がる危険性が高まります。皮下脂肪も増えすぎると、成人病になりやすいです。内臓脂肪は皮下脂肪に比べ、貯まりやすく、皮下脂肪よりも燃焼しやすいと言われています。内臓脂肪はすぐにエネルギーになります。体が必要としているエネルギー以上を取り入れてしまうと、内臓脂肪は燃焼されることはなく、エネルギーを消費できずに脂肪は増加してしまいます。
内臓脂肪は、内臓が下へ垂れ下がるのを防ぐ役割もあります。

 

皮下脂肪は燃焼しづらい

皮下脂肪は、内臓脂肪よりも燃焼しづらく、備蓄用でもあるので、内臓脂肪が多いと、皮下脂肪は燃焼されにくいです。
皮下脂肪、内臓脂肪を燃焼させるには、有酸素運動が効果的です。皮下脂肪は食事によって摂取されたカロリーのうち、余ったカロリーが蓄えられてできるものが多いです。栄養のバランスを考えた食事をすることも大切ですし、できるだけ間食は控えた方がいいでしょう。半身浴などで血行をよくする事で代謝が活発になり、脂肪を燃焼させることにつながります。
皮下脂肪や内臓脂肪対策のサプリメントも多数発売されています。マルチビタミン、マルチミネラルを摂取するといいようです。ただサプリメントだけではダイエットや脂肪を落とすことには成功しませんので、有酸素運動などを積極的に行うといいでしょう。